1. TOP
  2. いきいき365日
365 イメージ写真

いきいき365日

介護保険でできること

2014年08月19日

 以下は全日本民医連の機関紙「いつでも元気」に「介護保険でできること」として掲載された記事です。

「介護保険を使いたいけれど、どうしたらいいの?」「どんなサービスが受けられるの?」そんな疑問におこたえする連載を始めます。

 介護保険制度は、国が2000年に「公的介護保険で介護の社会化をする」と、バラ色の宣伝をして導入し、この4月で実施から14年が経過しました。
 4月からの消費税増税に伴って、介護報酬が引き上げられました。さらに、要介護度別の区分支給限度基準額(介護保険制度で利用できる金額の範囲)は、介護保険制度創設以来はじめて引き上げられ、現場では利用者の皆様への説明と同意の書類を取り交わすこととなり、対応に追われました。
 介護保険法や介護報酬は3年に1度見直されますが、見直されるたびに介護保険制度創設前の家族介護に逆戻りし、使いづらい制度になっている状況があります。
 そこで今回から、制度の現状にも触れながら、介護保険の使い方をご紹介したいと思います。
 連載の内容は①介護保険制度について、②どんなサービスが受けられるのか、③施設の現状と施設選びのポイント、④「認知症かな?」と思ったら、⑤入院から在宅療養になるにあたって、住宅改修について、⑥「介護保険制度はどうなっていくのか?・ 地域包括ケアシステムとは?」の六回です。

第1回 介護保険制度について
 2014年7月号
  ・介護保険を利用するには
  ・要介護度が決定すると

第2回 受けられるサービスは?
 2014年8月号
  ・ケアプランは誰が作成するの?
  ・柔軟に対応できる事業所も
  ・ケアプラン作成の問題点

第3回 施設の現状と施設選びのポイント
 2014年9月号
  ・多様化する施設
  ・施設選びのポイント

第4回 認知症について
 2014年10月号
  ・どのような症状か
  ・相談窓□は
  ・受けられるサービスは
  ・予防のためには

第5回 退院・退所時の準備や住宅改修について
 2014年11月号
  ・住宅改修費とは
  ・利用にあたって
  ・改修前に検討すべきことは
  ・業者選びのポイント
  ・有効に制度を活用しよう

第6回 地域包括ケア
 2014年12月号 最終回
  ・国の負担を減らす目的で
  ・「地域でささえあう」と言っても
  ・具体的なしくみ、構築できず
  ・「無差別・平等」の地域包括ケアを