1. TOP
  2. 組合員活動
  3. 組織活動<
  4. 支部
健康チェック イメージ画像

組織活動

支部

 医療生協かながわの定款で、支部とは、「理事会と基礎組織である班をつなぐ中間機関として医療生協運動をすすめる単位であり、地域で医療生協を代表する組織です。」と規定しています。

 そんな支部の役割を「支部運営規程」で以下のように決めています。

① 支部は総代会、理事会の方針や医療生協の動きを、できるだけ多くの組合員に伝えます。

② 支部は組合員の創意ある自主的な活動を保障し、組合員の声と活動を理事会に反映させます。

③ 支部は医療生協を発展させ、組織を強化し、組合員活動を充実させるための活動をすすめます。

④ 支部は上記の内容を実現するため、組合員一人ひとりの参加の場である「班」を組織し、援助します。
という4つがあります。


 支部の範囲は「日常生活圏から行政区程度までとし、その地域の実情にあった範囲」としました。

 支部結成の基準として、「200 人以上1000 人未満の組合員と10 人以上の運営委員、10 班以上の班結成」を目指しています。

 そして、活動に必要な財政として「支部活動援助金」、「機関紙配布援助金」を支給して組合員さんの活動を促進しています。