1. TOP
  2. 医療福祉生協とは
イメージ写真 医療生協とは

医療福祉生協とは

【医療福祉生協の理念】
健康をつくる。 平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。
そのために
  地域まるごと健康づくりをすすめます。
  地域住民と医療や福祉の専門家が協同します。
  多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。
 私たち医療福祉生協は、日本医療福祉生活協同組合連合会の設立趣意書をもとに、憲法25条(生存権)や9条(平和主義)、13条(幸福追求権)が活きる社会の実現をめざします。

私たちの使命は、地域まるごと健康づくりをすすめることです。
○私たちは、医療や福祉の事業、健康づくりやまちづくりの運動を通じて、平和や社会保障の充実を求める運動や環境へのとりくみをまちぐるみで総合的に進めます。

私たちは、地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。
○私たちの組織の最大の特徴は、ともに組合員として生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあります。その優位性を事業と運動の全ての場面で活かすことを大切にします。

私たちは 、多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。
○私たちは、ICA原則にある「コミュニティへの関与」をもとに、地域の中に協同の“わ”を広げることを重視し 、国際連帯の活動にとりくみます。

2013年6月7日
日本医療福祉生活協同組合連合会 第3回通常総会にて確定

【「医療福祉生協の2020年ビジョン」について】
 医療福祉生協連と全国の医療福祉生協は、2014年6月に開催する第4回通常総会において「医療福祉生協の2020年ビジョン」の確定をめざし、「医療福祉生協の2020年ビジョン(案)-協同の力で、いのち輝く社会をつくる-」についての討議を開始しました。

加入するには

  •  所定の申し込み用紙に記入し、出資金(1口500円)をそえて申し込みます。加入時の出資金は10口以上をお願いしていますが、積み立てていただく場合は、2口 1,000円から受け付けています。
  •  申し込み用紙は、お近くの病院・診療所などの窓口にあります。ご希望の方には、郵送でもお送りします。申し込み用紙のダウンロードは、ここをクリックしてください。

  •  「定款」のダウンロードはここをクリックしてください。

  •  加入された方には、後ほど「組合員証」と「組合員のしおり」をお送りします。
  •  加入についてのお問い合わせは、電話・FAXでお気軽にお寄せください。
      電話:045-862-9834
      FAX:045-862-9820

出資金とは?

 もともと医療生協は「私たちの病院がほしい」「健康で長生きしたい」という思いから生まれました。そんな思いをもった人たちが組合員として知恵とお金を持ち寄り、小さな診療所からつくってきた歴史があります。事業を運営し、活動を支えるために、みんなで持ち寄るお金が出資金です。
  出資することで組合員になることができ、組合員として医療生協の運営や活動に参加し、意見を言う権利が生まれます。出資口数によって、組合員の権利が差別されることはありません。

組合員になると

・病院、診療所、介護保険にかかわるサービスなどが利用できます。
・機関紙「医療生協かながわ」が自宅に配布され、健康づくりやくらしに役立つ情報が届けられます。
・組合員が3人以上集まって班をつくることができます。
・総代会、支部、班を通じて、生協の運営に参加できます。
・健康診断、予防接種などを組合員料金で利用できます。
  ○健康診断  自治体により違います。病院案内や、お近くの診療所案内をご覧ください。
  ○インフルエンザ予防接種  成人は通常 4,800円のところ、2,400円になります。
   1歳から12歳は2回法の接種になりますが、1回あたり2,400円です。
   ☆横浜市の場合、区役所で、
    「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担免除対象者確認書」を
    発行された方は、無料です。
   ☆65歳以上の横浜市在住の方で、組合員の方は、2,000円です。
   ☆自治体により、インフルエンザ予防接種には援助の制度があります。
     詳しくは、自治体にお問い合わせください。